>

ネット販売をすることができるのは?

法律が改正されたとはいえ、インターネット上での医薬品販売において多くの規制があります。
そもそもネット販売をすることができる業者が限られているのです!
厚生労働省の資料によると、まず前提として「薬局・薬店の許可を取得した有形の店舗」でなければなりません。
つまり、薬を販売する許可が出ている店舗でなければならないということです。
そのため店舗を持たない業者はインターネット上で医薬品を販売することができません。
他にも週30時間以上お店が開店していることや、消費者が出入りしやすい場所・環境に設置されている店舗であることなどが要されます。
もちろんその店舗には薬剤師が駐在している必要があります。
このような厳しい規制を潜り抜けた業者のみがインターネットで薬を販売することができるのです!

サイトにも要注意!

さらに注意するべきなのは販売するサイトへのルールです。
販売する画面には掲載しなければいけない内容がたくさんあるのです!
まずホーム画面上に店舗名を表示する必要があります。
それだけでなく、店舗の写真・薬剤師の名前や医薬品販売の許可証の概要を掲載しなければいけません。
これは店舗が実際に経営されているかを証明するために必要事項なのです。
上記のルールを守れない業者は医薬品のネット販売を禁止されてしまいます。
また、購入者に対しても薬の説明や注意事項などをきちんと理解しているかを確認しなければいけません。
さらに医薬品のネット販売において禁止されているのはレビュー機能です。
レビューだけでなく口コミなども禁止されています


ネット販売における規制とは?

この記事をシェアする