>

一般用の医薬品とは?

まずは一般医薬品についてご説明していきます!
簡単に言うとドラッグストアなどで購入する際にも薬剤師の説明が不要な医薬品というものになります。
しかし一般用の薬にも段階があり、それぞれを第1類~第3類と呼びます。
第1類医薬品は薬剤師からの説明が義務付けられている薬です。
なぜかというと、服用する薬の飲み合わせの問題や副作用の恐れがあるからです。
第2類医薬品は一般的な解熱剤や鎮痛剤などの薬を指します。
第1類と同じように飲み合わせのリスクがありますがあくまでも説明は努力義務のため、強制ではありません。
最後に第3類医薬品は説明義務のない薬です。
一般的にビタミン剤などが含まれます。
これらの一般用医薬品は現在ネット上で購入することができるようになりました。

医療用の医薬品と要指導の医薬品は?

では医療用の医薬品はどのようなものなのでしょうか?
簡単に言うと病院や診療所などで診察を受けた後に処方箋をもらい、薬剤師さんに処方してもらう薬のことです。
薬を受け取る際に薬剤師さんから服用するうえでの注意事項を教えてもらいますよね?
そのようにして、医療用の薬は必ず薬剤師からの説明を受けて服用しなければいけないのです。
ですから個人それぞれに合わせて処方してもらえますので、薬剤師さんの説明を守って服用すれば、安全なのです。

次に要指導医薬品についてご説明していきます。
この種類の薬は医療用から一般用に変わったばかりの薬のため、服用の際に薬剤師の指導を受けなければいけないものです。
ですのでインターネット上の販売は禁止されています。


そもそも薬の種類って?

この記事をシェアする