>

医薬品のネット販売とは?

医薬品をネットで販売することがこのように話題になっているのはどうしてなのでしょうか?
それは従来から「薬の販売」という行為に対して多くの規制が存在しているからなのです。
まず従来の医薬品販売は薬局やドラッグストアなどで陳列している棚から自分で選んだり、薬剤師さんの支持を受けながら購入したりしましたよね。
こういった行動がネット上に介入したことで大きく変化してきているのです。
インターネット上で薬を販売するには守らなければならない決まりがたくさんあるのです!
どのように変わってきているのかは下記で解説していきます。

ネット販売に介入してきた医薬品業界は今後私たち消費者にとっても大きな転機が訪れるかもしれませんね。

ネットで購入できる薬の種類は?

それでは実際にインターネット上で購入できる薬はどういった種類のものなのでしょうか?
まず医薬品を大きく二種類に分けてみます。
一つ目は医療用医薬品です。
そしてもう一つは一般用医薬品です。
これらの概要については随時ご説明していきます。
簡単に言うと薬剤師の指導の必要が有無かどうかということで分けることができます。
そして現時点でインターネットを通して購入できるのは一般用医療品となります。
一般用医薬品には大きく三つの種類に分けることができます。
第1類、第2類、第3類医薬品といいます。
これらはインターネット上で販売することができるようになりました。
しかし病院などで処方される医療用の薬や、副作用などの影響に注意しなければいけない薬などは引き続き対面での販売となっています。
ただしインターネット上で販売する際には順守するべきものがたくさんあるのです。


薬機法の改正の背景について

この記事をシェアする