医薬品はネットで買える時代!

医薬品ネット販売解禁の背景とは

医薬品をネットで販売するってどういうこと?

SNSやネット環境が発達したこの時代、インターネットでは服や食べ物はもちろん、何でも買える時代になりましたね。
このような便利な時代においてネット販売の市場の拡大はまだまだ大きくなっています。
今回の記事ではつい最近に解禁した医薬品のネット販売について詳しくご紹介していきます!

長い時間をかけて多くの審議がもたらされた医薬品販売についての法律改正。
2014年の薬機法の改正によって私たちの生活に大きくかかわるような変化がありました。
いままでは薬の販売には厳しい規制があったため、対面販売のみが許されており、インターネット上での販売は禁止されていました。
しかし今回のこの法改正により、私たちは手軽に医薬品を購入することができるようになったのです!

では法改正による医薬品のネット販売にの経緯はどのようなものなのでしょうか?
薬も過ぎれば毒となるというように、薬を服用する際には量などを守って飲まなければいけませんね。
薬は必ずしも万能ではなく、度が過ぎると体に害をもたらしてしまう可能性があるものなのです。
そのため、以前は薬の販売については薬剤師からの説明を受け購入するべきであるという規制がありました。
しかしネット販売会社のケンコーコムとウェルネットが国に対して裁判を起こす事態が起こりました。
その訴訟の内容は、医薬品のネット販売を禁止する薬事法が憲法違反だとするというものでした。
そしてネット販売によるメリットデメリット、リスクなどが多く議論され、ついには法改正と至ったのです。
こうした背景もあることを念頭に置いて、今回の記事を見ていくと、インターネット販売の便利さがわかってくるかもしれません。

おすすめリンク

タダリスの正しい飲み方

ED治療薬のタダリスは手に入れやすい薬です。正しい飲み方や注意点についてご紹介します。

薬機法の改正の背景について

私たちが普段服や食品をインターネット上で購入するように、薬もネットで買えるようになりました。 では店舗で購入するのとどのような違いがあるのでしょう? また店舗で購入することができる薬とネット上で購入できる薬の種類も違うのです! 医薬品のネット販売における不安や疑問を解消していきましょう!

そもそも薬の種類って?

実は薬には一般用と医療用の種類があるのです。 さらに一般用の医療品には要指導医療品というものも存在します。 ネット販売ができるものとできないものに分ける際には、この分類が必要となってきます。 またこれらの種類の違いだけでなく、薬の一例もご紹介していきます!

ネット販売における規制とは?

法の改正が行われ、一般用の医療品はネット上で販売できるようになりました。 しかし薬は服用のルールが多く存在するため、やはり多くの厳しい規制があります。 実は誰でも薬を販売することができるわけではなく、医薬品を販売できる業者と、その販売サイトのルールはたくさんあるのです!